※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

スニーカーカスタム!革を染料で染めてみた。

再度スニーカーの革染色の完成 カスタム

スニーカーの色に飽きてきたので、染料を使ったカスタムに挑戦しました。

自分の好みにカスタムできるのでオススメ。
初めてのカスタムは、色ムラ覚悟で実施しましょう!

実施する際は、下地処理をしっかり行い、根気よく染めましょう。

必要な材料

革染め準備品
画像のもの

1.マスキングテープ(粘着力優先)
2.ローパススピラン(皮革用のアルコール染料)
3.変性アルコール(アルコール用薄め液)
4.艶消レザーフィックス (仕上げ剤)
5.塗装用筆

created by Rinker
誠和(Seiwa)
¥1,980 (2024/04/13 23:22:45時点 Amazon調べ-詳細)

マストで必要なのは、”レザーダイ””筆”です。
レザーダイには、種類があるので好みで選びましょう。

・アルコール系
色に深みが出やすい。堅牢度(色あせ)が水溶性より高い。
乾燥が早く、ムラができやすい。

・水溶性
手軽に使えるので使いやすい。薄め液不要。
混色は、基本出来ない。

主な染料の商品名と薄め液

商品名薄め液
ローパス スピランアルコール系
ローパス バチック水溶性
クラフト染料水溶性
WA染料アルコール両用
プロダイアルコール系
created by Rinker
クラフトシャ(craftsha)
¥750 (2024/04/13 15:52:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
クラフトシャ(craftsha)
¥638 (2024/04/13 22:42:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
協進エル(KYOSHIN ELLE)
¥1,100 (2024/04/13 22:42:24時点 Amazon調べ-詳細)

手順

1.スニーカーの選定と素材確認

革染めするスニーカー

今回カスタムするのは、”ダンク”です。

染色に使うスニーカーの素材を確認しておきましょう。
※NIKE国内製品であれば、”黒タグ”で確認できます。

スニーカーの素材表記

商品タグを見ると、”天然皮革”+”合成繊維”のため、アッパーが革であることがわかります。

2.スニーカーのマスキング

スニーカーのマスキング

色を付けたくない部分にマスキングします。
※プラモデル用の曲線用マスキングテープは上手く張り付かなくて使いませんでした。

3.スニーカーの脱脂

スニーカーの脱脂

スニーカーをよくクリーニングして汚れを落としましょう。
汚れていると染料の浸透が不均等になります。
※溶剤は、アセトンリムーバーなどをおすすめしますが、
今回は、ホームセンターで売っているパーツクリーナで代用。

4.レザーダイを塗る

染料を薄める

薄めた方が、ムラにならないとあったので…
薄めて染色開始!

スニーカーの染め1回目-1
スニーカーの染め1回目-2
スニーカーの染め1回目-3

1回目はこんな感じ。重ねていきます。

スニーカーの染め2回目以降

3回くらい重ねました。アルコールが揮発するので、だんだんと液が濃くなります。

スニーカーの染め2回目以降-原液塗り

結局、せっかちな性格が出て、原液塗りで進めました。

5.革の染色完成

スニーカーの革染色の完成

レザーダイでの染色後は、しばらくすると色が薄くなるので、濃いくらいに染めましょう。

6.履き口とシュータンの染色
合成繊維が、染料で染まるかお試し。

スニーカーの履き口染色
スニーカーの履き口染色の完成

いけそう。

7.艶消レザーフィックスの塗布 (透明フィニッシュ)

艶消レザーフィックスを塗る

革を保護するために、レザーフィックスを塗ります。これにより、染料の色が長持ちします。
※ツヤありの商品もあります。

艶消レザーフィックスを塗ったあと

塗った直後はツヤがありますが、しばらくするとなくなります。
ツヤ消しでも、半ツヤくらいに見えます。

完成!

再度スニーカーの革染色の完成

これであなただけのオリジナルなスニーカーが完成しました!他にはない個性的な一足で、周りと差をつけてみてください♪

仕上がり詳細

仕上がりが、いまいちだったところを説明します。

・トゥボックス

トゥボックス-ムラあり

遠くで見ると判らないですが、近づいてみるとムラになってます。
黒で練習してから、他の色に挑戦した方が良かったかも。

・ヒール周り

ヒール‐染色不良

革の重なりの奥や、型押し凹部の下地処理が出来てなくて染料がしみ込まず…。
やり過ぎくらいの洗浄と脱脂をした方が良いです。
革の事を考えると控えめになってしまいますが、あとからオイルケアすれば大丈夫です。

最後に

染料を扱う際は、手袋や作業エプロンを着用し、十分な換気を心掛けましょう。また、スニーカーの素材によっては染料が上手く浸透しない場合がありますので、事前に試し染めを行うことをおすすめします。

created by Rinker
誠和(Seiwa)
¥1,980 (2024/04/13 23:22:45時点 Amazon調べ-詳細)

自分だけのカスタムスニーカーでおしゃれを楽しんでくださいね!それでは、素敵なスニーカーライフをお過ごしください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました